外断熱の特長

外断熱の特長

鉄筋コンクリートの躯体耐久性が向上します

耐久性向上

外断熱では、構造躯体が外気温の変化や紫外線・風雨・積雪等の影響を直接受けないので、これらによる劣化やひび割れが起こりにくく、躯体の耐久性が向上します。

 

躯体を外側から保護できるので躯体劣化の進行を抑制します

外断熱では、躯体を外側から保護するので、雨水、空気等が直接躯体に触れなくなり、コンクリートの中性化や鉄筋の腐食を抑制できます。

 

温度応力によるコンクリートのひび割れを防止します

外断熱では、コンクリートの温度は室温に同調し、一年を通して温度変化が小さくなります。そのため、鉄筋コンクリートの伸縮も抑えられ、温度応力によるひび割れ発生の危険性をほぼ無くすことができます。

 

凍害防止に有効で、雨水や酸性雨の影響も受けません

通常、外断熱ではコンクリートの温度が0℃を下回らないため、コンクリート部分で凍害を生じるおそれがありません。また、雨水に直接さらされることもないので酸性雨の影響も受けません。

省エネルギー建築物になります

省エネ

外断熱では、コンクリートのもつ高い蓄熱性を生かして、冬は日射取得熱を、夏は冷気を有効活用できます。冷暖房の効率が高まるので、空調費の削減にもつながります。

内断熱工法 外断熱工法

結露しにくい建物になります

室内環境向上

 
外断熱では、内断熱に比べて熱橋が少ないため、結露が生じにくくなります。室内のカビやダニの発生を抑えることができるので、健康住宅や病院などに適します。

結露しにくい建物になります

 

外部環境の影響を受けにくく室内温度をほぼ一定に保ちます

 

外断熱は一度暖まると冷めにくく、ヒートショックが起きません

外断熱では、コンクリートの躯体が一度暖まると、暖房を止めても室温が下がりにくいことが実証されています。躯体の蓄熱・放熱作用が、快適な室内環境づくりに効果的にはたらきます。

 

室内の温度差による「ヒートショック」の危険性を低減します

冬の時期、暖かい居間から寒い脱衣所や浴室へ、さらに熱い湯船へと移動する際のような短時間での激しい温度変化は、血圧の急激な上昇・下降を引き起こします。これを「ヒートショック」といい、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などの原因になるとされています。

入居したままで工事が可能です

入居したままで工事が可能です

外断熱では、外部作業が主体となります。そのため、既存の建物の断熱改修・断熱強化を目的とする工事の場合、工期中も退居の必要はなく、普段通りに室内を利用することができます。

断熱材 内断熱 外断熱
種類 吹付け硬質
ウレタンフォーム(PUF)
ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS4号)
熱伝導率 0.022W/m・k 0.037W/m・k
湿気伝導率 5.25ng/msPa 3.32ng/msPa

 
入居したままで工事が可能です

【計算条件】地域:東京、外:2.5℃, 70%RH、内:20℃, 50%RH

  • Passive Wall [透湿・乾式]について
  • TOPICS&NEWS
  • 省エネ外断熱チームのミッション
  • 会社概要
  • 外断熱用語集