Passive Wall [透湿・乾式]について

施工手順

1.下地処理

  • 躯体表面に付着した油、レイタンス等は事前に除去してください。
  • 躯体精度は±3mmにてお願いします。
  • 必要に応じてシーラーを塗布します。

2.PWメッシュ張りおよびレベル出し

PWメッシュ張りおよびレベル出し

  • メ ッシュを躯体に専用の接着モルタルで先付けします。
    断熱壁の端部や開口部に沿って、後で断熱ボードをメッシュで巻き込み、重ね張りするためです。
  • 断熱ボードの張り始めの位置には、水平を保つため受棧を仮止めします。

3.PWボード張付け

PWボード張付けボードに専用のP W 接着材を用いて、右図のように均等に接着材を塗布します。受棧の位置より、下から上へ、中央から左右に割付の上、壁面に破れ目地状に垂直に張り上げます。

4.凹凸調整

凹凸調整

  • ボードを大きい木コテ等で押さえて、隣接するボードの凹凸を調整し、PW仮止めカスガイで隙間ができないように張付けます。
  • 張付け後24時間以上乾燥養生し次工程に進みます。

5.PWベースコート調合

PWベースコート調合ベース材にセメントおよび水を1:1:0.1で混合し、ハンドミキサーで数分間練りムラが無くなるまで練ってください。数分寝かせた後、さらに調整水を添加し、粘度調整を行ってください。

6.PWベースコート塗り

PWベースコート塗り、PWメッシュ押込み壁面に張られたボードの上にベースコートを2mm程度にコテ塗りします。

PWメッシュ押込み

  • ベースコートを塗布した後、表面が乾燥しないうちにメッシュをコテで押込み張りします。
  • メッシュの地肌が見えなくなる程度に埋め込むことが大切です。なおメッシュの継ぎ目は必ず72mm以上重ね張りしてください。
  • 24時間以上乾燥養生します。

7.PWフィニッシュ(仕上げ)

PWフィニッシュ(仕上げ)テクスチャーを決定してそれぞれの手順で仕上げます。

※ 詳細はフィニッシュコートの仕上げ施工の手引きを参照してください。

8.シーリング(別途工事) 端部がバックラップ処理の場合

シーリング(別途工事)上端部、開口部廻り、入隅、階床部、最下端部等の他部材との接合部は、シーリング材処理をしてください。

9.完成

※詳細は施工要領書に記載しております。
※この商品はアイカ工業株式会社との共同開発商品です。
※製品改良のため仕様変更を予告なく行う場合が有りますのでご了承ください。
※PWは野原産業株式会社の登録商標です。

専用工具

PW仮止めカスガイ
PW仮止めカスガイ
EPSカッター
EPSカッター
ウレタン接着用ガン
ウレタン接着用ガン
やすりゴテ
やすりゴテ
PW接着コテ樹脂モルタル用
PW接着コテ樹脂モルタル用
プラゴテ
プラゴテ